奥二重の人がナイトアイボーテを使った口コミのぶっちゃけ話

パッチリ二重になった人の秘策はこんな方法

 

奥二重の私でも、パッチリ二重になれますか?」

 

 

なれます!
ただし、ナイトアイボーテを正しく使えば、です。

 

実際に多くの人が、ナイトアイボーテを正しく使って、
奥二重→パッチリ二重になれています。

 

 

 


その方法を、ナイトアイボーテの口コミからご紹介♪

 

プッシャーの使い方が肝心!
まぶたを深く押し込んでから、ナイトアイボーテを使うの。
そしたら、あっさりと幅広二重になれました♪


 

 

二重のラインを作って、その中に隙間なく塗っています。
隙間があると、そこから剥がれそうな気がするからです。
接着面を広くするほど、深い二重ができますね。


 

 

私は、塗った後にもプッシャーで押し込んでいます。
乾いてしまう前に、もっと深くまで押し込む感じです。
くっつき具合が甘い時は、上から追加でナイトアイボーテを塗ります。


 

 

皆さん、こういう方法でパッチリ二重を手に入れたようです。

 

 

 

 ナイトアイボーテを奥二重でも二重になれるコツは。

  • 深く押し込む!
  • ナイトアイボーテの接着面を広く!
  • 二度塗りでガッチリと!

 

これを参考に、パッチリ二重を手に入れてくださいね♪

 

 

 

>>理想の二重に!ナイトアイボーテ公式サイトはこちら

 

 

 

 

二重になれなかった失敗例と体質の口コミ

 

ナイトアイボーテは、強力な接着力を持つ二重コスメ。
でも中には、奥二重を改善できずに悩んでいる人も…。

 

 

肌が硬くて、そもそもプッシャーが入りにくいんです。
無理にくぼませてから塗っても、すぐに剥がれちゃう。


 

 

毎朝、むくんで膨らむ私のまぶた。
夜にせっかく作った二重が、元に戻ってます…。


 

 

肌荒れが怖くて、つい薄く塗っちゃいます。
そのせいか、効果はなかなか出ませんね…。


 

こんな口コミ、結構あります…。
肌質や体質によっては、奥二重は一筋縄ではいかないみたい。

 

 

それでも、ナイトアイボーテを使い続けてみてね。
なぜなら、続ければ肌質も体質も改善されやすくなるから。

 

 

ナイトアイボーテには、

  • お肌を柔らかくする成分(アルテア根エキス)
  • むくみを防ぐ成分(ボタンエキス、フユボダイジュ、アルニカ葉エキス)
  • 肌荒れを防ぐ成分(サクラ葉エキス)

が配合されています。
だから使っていれば、どんどん使いやすくなるの♪

 

 

 

 

「なかなかパッチリ二重にならないよぉ(泣)」
という人も、諦めずに使うことが大事。
そしたら理想の二重になれる日は、だんだんと近づいてきますよ♪

 

 

 

 

成功者の口コミで多かった使い方

 

「奥二重→パッチリ二重にできた♪」
という成功の口コミから、使い方をまとめてみました。

 

 

@下準備

 

まずは、洗顔or蒸しタオル若しくはコットンで
まぶたの汚れや皮脂を、
しっかりと取り除いてね。

 

A二重ラインを作る

 

希望の二重幅になるように、
プッシャーを押し込みます。
目頭に深めに入れて、
そのまま目尻へとゆっくりスライド。

 

Bプッシャーを外す

 

外した時、二重ラインが残ってますか?
残っていなければ、もう一度プッシャーを使ってね。

Cナイトアイボーテを塗る

 

二重の溝を埋めるように、隙間なく塗ってね。
眉に力を入れて、まぶたを上げると
塗りやすいよ。

Dもう一度プッシャーを

 

プッシャーを深く押し込んで、乾くまでキープ。これで、溝の底と天井とが
ピタッとくっつきます。

Eもう一度ナイトアイボーテ
 を塗る

 

溝の入口に、ナイトアイボーテを塗ります。
入り口をしっかりと固めておけば、
溝が開く確率はダウン!
二重ラインが長持ちするってことです。

Fプッシャーを外す

 

溝を開かないように、
プッシャーをそっと引き抜いてね。
まぶたを指で軽く押さえておくと、
抜きやすいです。

 

 

成功者さんの多くは、こういう使い方をしているようですよ。

 

 

奥二重は、一重にも見えてしまいがちな浅い二重。
でも完全な一重と違って、二重の溝自体は存在しているから。
だからコツさえつかめば、意外とパッチリ二重にしやすいんです。

 

 

浅い溝をプッシャーで深めて、ナイトアイボーテでキープ!
こんな感じで、ぜひ微妙二重を完全二重にしてね♪