一重女子がナイトアイボーテで成功する近道はこの3つ

 

ずっと一重が原因で、周りの人から色々言われて嫌な思いをしてきたから、ナイトアイボーテで本物の二重を手に入れて一重の悩みから解放されたいのに、いざナイトアイボーテを使い始めても一重まぶたにうまくクセがつかない!!という事態になっている人はいませんか?

 

 

そんな一重まぶたの人が、ナイトアイボーテを使ってパッチリ二重になるための近道は次の3つです!

  1. 「本物二重への極意」の冊子でパッチリ二重の確率アップ!
  2. 使う前のマッサージと二度塗りで効果アップ!
  3. 汗や皮脂が付いたままでは効果ゼロ!

 

実は一重まぶたにも人によってまぶたの状態が違うので、一人ひとりの一重まぶたに合ったナイトアイボーテを使いこなすコツをお伝えします。

 

 

 

 

超重要アイテム「本物二重への極意」は捨てちゃダメ!

 

ナイトアイボーテが送られてくる箱の中には、ナイトアイボーテとスティックが入った箱の他に何冊か本が入っています。この本の中の「本物二重への極意」という本はパッチリ二重を目指すためにとても大事になるので、絶対に捨てないでくださいね。

 

 

この「本物二重への極意」には、ナイトアイボーテの基本的な使い方はもちろん、一人ひとりのまぶたの状態にあった二重の幅の決め方、Q&A、ナイトアイボーテの裏ワザまで、写真付きで本物の二重を手に入れるための情報が詳しく紹介されています。

 

 

だからこそ、初めての人はもちろん、なかなか一重まぶたに二重ラインがつかないという人は、「本物二重への極意」をしっかりと読んで、ナイトアイボーテの使い方や塗り方のコツを極めることがパッチリ大きな二重への近道になるのです。

 

 

「本物二重への極意」の本は困った時に必ず力になってくれるので、「説明書って読まないんだよねぇ」、「もうナイトアイボーテの使い方はわかったから〜」と捨てないで、本物の二重を手に入れて「一重もナイトアイボーテも卒業♪」という時まで必ず大切に持っていて下さいね!

 

>>二重の近道!ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

老廃物排出の必要性と二重効果の底上げ方法

 

「一重」と一口に言っても、ナイトアイボーテで二重を作ったまま翌朝までまぶたが外れないという一重の人もいれば、ナイトアイボーテで二重を作ってもすぐにまぶたが外れてしまうという一重の人もいます。

 

 

同じ一重なのに何が違うのでしょう?それは…

 

翌朝まで二重がもたないという人は、まぶたに老廃物が溜まってしまっている可能性があります。

 

まぶたに老廃物が溜まってしまっていると、腫れたように厚みのあるまぶたになってしまい、一生懸命まぶたに二重のクセをつけようとしてもまぶたが固くてうまくまぶたがくっつかなくなってしまうのです。

 

 

「私のまぶたも同じようになる」という人は、普段の食事で塩分をとり過ぎないように気をつけたり、ナイトアイボーテと一緒に送られてくる「本物二重への極意」の本で紹介されているようなむくみ取りのマッサージを、ナイトアイボーテを使う前に取り入れることで、むくんで固くなっていたまぶたが少しずつ柔らかくなってきて、二重のラインも付きやすくなりますよ♪

 

 

でも、普段の食事を気をつけたりマッサージを取り入れながらも、毎日のナイトアイボーテでの二重のクセづけは続けなければいけませんよね?

 

 

「どうしてもまぶたが外れて一重に戻っちゃう」という時には、裏技があります!!

ナイトアイボーテの二度塗りです♪

基本のナイトアイボーテの使い方で、一重まぶたに二重のクセをつけますね。このクセをつけた二重ライン部分に、もう一度ナイトアイボーテを重ねて塗ることで、自分で決めた二重のラインをしっかりと固定することができるので、寝ている間に一重に戻りにくくなるので、翌朝までしっかりと二重をクセづけることができるのです!

 

 

まぶたの老廃物を解消しながらナイトアイボーテの二度塗りで、二重になりやすい一重まぶたに変えていきましょう。

 

>>ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

くっつかない原因は単純なことだった!

 

厚みのある一重まぶたの人がまぶたがうまくくっつかないと悩んでしまう原因は、まぶたの老廃物ということはご紹介しました。しかし、実はまぶたがうまくくっつかない原因は、老廃物がたまってまぶたがむくんでしまうということだけではないんです。

 

 

まぶたがむくんでいないという一重の人でも、「まぶたがうまくくっつかない」ということがあるんです。どうしてなのでしょう?

それは、まぶたに汗や皮脂といった汚れが付いた状態のままナイトアイボーテを塗ってしまっているからなんです。

 

一番やってしまいがちな失敗としては、きれいに洗顔したはずなのにメイクを落とした時のクレンジングオイルが残ってしまっていたり、洗顔した後にスキンケアをしてしまったということです。「スキンケアしちゃだめなの?」と思いますよね?

 

 

でも・・・そうなんです。

汗や皮脂はもちろんですが、スキンケアで使う化粧水や保湿液といったものも、まぶたについた状態では、せっかくのナイトアイボーテの強い接着力の効果がなくなってしまって、翌朝までまぶたがくっつかない原因になるんです。

 

「えーじゃあどうすればいいの?スキンケアできないの?」と不安になりますよね。

 

 

 

もちろん、洗顔後のスキンケアは大事です。もしも、まぶたも一緒にスキンケアをしたのであれば、ナイトアイボーテを使う前にはウェットシートなどでまぶたの部分だけ拭き取りましょう。

 

ナイトアイボーテには、天然成分で作られた美容液がたっぷり入っているから、ナイトアイボーテを塗っているだけでまぶたを保湿してくれます。

 

ですので、まぶたのスキンケアをしていなくても大丈夫♪メイクを落としたり洗顔した後すぐに、ナイトアイボーテで一重まぶたに二重のラインをクセづけるのであれば、清潔なまぶたなのでナイトアイボーテの強い接着力でしっかりと二重のラインが作れます。

 

洗顔してからナイトアイボーテを使うまでに時間が空くような時には、必ずウェットシートなどでまぶたをきれいにするようにします。なぜなら、一度洗顔をしてまぶたの汗や皮脂をきれいに落としても、時間が経てば気付かないうちに皮膚から汗や皮脂が出てくるからです。

 

せっかく本物の二重まぶたになるために、毎日ナイトアイボーテを使い続けるのだから、よりナイトアイボーテの強い接着力を効果的にするためにも、しっかりとまぶたの汚れを落として清潔な状態でナイトアイボーテを使うことで、一重まぶたにしっかりと二重のラインがクセづいて、二重への近道になりますよ♪

 

 

まとめ

 

「決めた二重ラインでまぶたがくっつかない」と悩んでいる一重の人に向けた、より早く本物の二重になるための近道の方法をお伝えしてきました。同じ一重でも一人ひとり、まぶたの状態が違うからこそ、ナイトアイボーテが自宅に届いたら、同封の「本物二重への極意」という本を読んでほしいことです。

 

 

この「本物二重への極意」にはナイトアイボーテの使い方から、うまく二重ラインをつけられないと困った時のQ&A、まぶたの老廃物を排出するためのマッサージなど、一人ひとりの一重まぶたにあった情報がぎっしりと詰まっています!写真付きなのもわかりやすくて嬉しい♪

 

  1. 「本物二重への極意」でナイトアイボーテの使い方や二重のラインの作り方などをしっかりマスター。
  2. 毎日のナイトアイボーテの前にむくみ取りのマッサージを習慣づける。
  3. ナイトアイボーテを使う前のまぶたは清潔に!化粧水や保湿液、汗や皮脂はきちんと落としておく。

 

女性の体はとても敏感だから、塩分や水分を少し多めに摂ってしまっただけでも、まぶたがむくんでしまうので、毎日ナイトアイボーテを使う前にはむくみ取りのマッサージを取り入れることを習慣にするといいですね。それでも一重まぶたに戻ってしまうなら、二重ラインを作った後にさらにナイトアイボーテを重ねて塗る裏技を使うことで、より二重に近づけられますよ!

「本物二重への極意」の本は、本物の二重を目指すためのパートナーです。「本物の二重になって、ナイトアイボーテ卒業♪」という日がくるまでは、絶対に捨てちゃダメですよー!

 

>>本物二重を叶える!ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

 

 

ナイトアイボーテ購入前に口コミチェック

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事も人気です。