【必見】ナイトアイボーテ塗り方|二重を叶える基本はコレ!

 

いざナイトアイボーテを使ってみたら、「うまく塗れなーい」、「なんですぐに外れちゃうの?」と悩んでいる人はいませんかー?

 

 

初めてナイトアイボーテを注文すると、パッチリ二重を目指すための塗り方が書かれた本も一緒に届くけど、まぶたに接着液を塗ろうとすると、緊張したりして手がプルプル震えちゃったりして、上手に塗るのは慣れるまで大変ですよね。

 

 

ナイトアイボーテは手の平にすっぽりと入ってしまうほど小さいから、なおさらでしょう。そこで、ここからはパッチリ二重を目指すためにマスターしておきたい基本的なナイトアイボーテの塗り方と、しっかりと二重のクセをつけるための塗り方のポイントをご紹介します!

 

 

 

ナイトアイボーテの基本的な塗り方

 

まずは、ナイトアイボーテをまぶたに塗る時の基本的な塗り方や手順をお伝えします。

 

>>ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

@まぶたを清潔にする

ナイトアイボーテをまぶたに塗る前に必ず、しなければいけないことがあります。それは、まぶたをきれいな状態にしておくことです!

まぶたに汚れや油分、美容液などがついたままでは、せっかくナイトアイボーテを正しい塗り方で塗っても粘着力が弱まってしまって、寝ている間にくっつけたまぶたが外れてしまう原因になるんです。

えー!美容液も?」と驚く人もいるでしょう。そうなんです!洗顔後のスキンケアに使う美容液や乳液といったものでも、ナイトアイボーテの接着力を弱めてしまうので、ナイトアイボーテを使う時には、まぶたはスキンケアせずに接着液を塗るという塗り方が理想的です。

 

 

「じゃあ、まぶたがカサカサじゃない?」と心配しなくても大丈夫!スキンケアをしていなくても、ナイトアイボーテには天然成分から作られた美容成分がたっぷり入っているので、ナイトアイボーテを塗っている間中まぶたを保湿してくれますよ♪

 

A二重のラインを決める

まぶたが清潔な状態になったら、二重のラインの位置を決めましょう。あらかじめ二重のラインの位置を決めないままナイトアイボーテを塗ることは、間違った塗り方です。

 

 

なぜなら、ナイトアイボーテは薄い塗り方でもしっかりとまぶたをくっつける強い接着力と早い乾きが特徴なので、二重のラインの位置を決めないままナイトアイボーテを使うと、毎回同じ位置に二重のラインを作れなくなってしまうので、二重のクセがつきにくくなるんです。

 

 

当たり前のことだけれど、一人ひとり理想の二重の形は違いますよね?「こんな感じの二重がいいなぁ♪」という感じで自分のなりたい二重の形になるように、ナイトアイボーテについてくるスティックでまぶたを押して二重のラインをつけてみましょう。「よし!これでOK♪」と決まったら、毎日同じ位置に二重のラインが作れるように位置を覚えておきましょう。

 

B接着液をまぶたに塗る

二重のラインの位置が決まったら、ナイトアイボーテの接着液を塗っていきましょう。ナイトアイボーテの接着液は、伸びがいいからスーッと滑らすような塗り方で簡単に塗れるのが特徴です。

 

 

さらに、薄く塗るだけでもしっかりとまぶたをくっつけられるほど接着力が強いから、何度も重ねる塗り方をしなくてもOK!

 

ただ、薄く塗る塗り方といっても、あまりにも量が少なすぎるのもまぶたがくっつかなくなる原因になるので、ナイトアイボーテが初めての人やうまくまぶたがくっつかなかったという人は、少し多いかな?ってくらいの量を使う塗り方をしてみてください!

 

 

 

「量を多くしたら1ヶ月もたないんじゃない?」と不安に思うことはありません。小さくても1日1回だけだから、少し量を多くする塗り方でも1ヶ月使い続けられるから、安心して使ってくださいね♪

 

C二重のラインを抑える

二重のラインを決めて、ナイトアイボーテの接着液を塗った後は、まぶたをくっつける作業です!ここでは、二重のラインを決める時に使ったスティックを使います。

 

 

ここでの注意点は、やさしくゆっくりとです!ナイトアイボーテの接着液は薄い塗り方だから、乾きが早いので慌てないで!

 

 

接着液が乾き始めたタイミングで、決めた二重のラインに沿ってスティックをギューっと押しあてるのですが、できるだけ接着液がスティックにくっつかないようにしましょう。なぜなら、十分接着液が乾いた後にスティックを外す時に接着液がスティックにくっついていると、一緒に剥がれてきてしまうことがあるのでそれを防ぐためなんです。

 

 

もう一つ!スティックを外す時は、右から左からとゆっくりやさしく外していきましょう。

 

>>ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

 

 

 

しっかりと二重のラインをクセづけるためのポイント!

 

次に、パッチリ二重になるために大切な、二重のラインをしっかりとクセづけるためのポイントをお伝えします。

 

@接着液を塗る場所に気をつける

二重のラインを決めた後に接着液を塗る時には、塗り方にもポイントがあるんです!それは、決めた二重のラインに直接接着液を塗らないこと!

 

 

決めた二重のラインにスティックを当ててまぶたを押し込むから、そこにナイトアイボーテの接着液を直接塗る塗り方をしてしまうと、乾いた後にスティックと一緒に剥がれてきてしまう可能性があるからです。そのため、決めた二重のラインの“上側”または“下側”に接着液を塗る塗り方をしてみましょう。

 

 

ナイトアイボーテを使う人によって少し塗り方が違ってくるでしょうから、二重のラインの上か下どちらかやりやすい塗り方で良いと思います。そう、接着液を塗る場所に気をつける塗り方が、二重のクセをしっかりとつけるためのポイントなんですよ♪

 

A二重の幅を広く取りすぎない

テープタイプのアイプチなどと違って、ナイトアイボーテは1度塗ってすぐに二重に慣れるというものではないので、毎日同じ位置に二重のラインをクセづけることが大切になります。

 

 

一人ひとりまぶたの状態や目の形が違うから、最初から理想の二重の幅を決めてしまっては、正しいナイトアイボーテの塗り方をしていても、まぶたがくっつかないという事態が起きてしまう人がいるんです。

 

 

例えば、もともと一重の人が、急に大きなパッチリ二重になろうと無理な広い二重幅で頑張ってしまっても、強い接着力を持っているナイトアイボーテでもまぶたの重みに耐えられず、くっついたまぶたがすぐに外れてしまうのです。

  • 一重の人ならまずは奥二重に。
  • 奥二重の人なら自然な二重に。

こういう感じで少しずつステップアップしていくことで、きれいな理想の二重を目指すことができます!少しずつ焦らず無理のない二重幅で毎日クセづけし続けることが、パッチリ二重への近道ですよ♪

 

Bしっかりと睡眠時間をとる

ナイトアイボーテは、寝ている間にまぶたに二重のクセをつけることが目的なので、せっかく正しい接着液の塗り方をしていても、睡眠時間が短いと二重のクセがつきにくくなってしまうんです。

 

 

夜眠っている間は、日中のようにまぶたをすることがないので、接着液でくっつけたまぶたが外れにくく、二重のクセをつけるには最高の時間帯なのです!!

 

どんなに最高の時間帯でも、ナイトアイボーテを塗っている時間が短ければその分まぶたに二重のクセづけをし続けている時間も短くなるので、理想の二重になるまでにより時間がかかってしまいます。より早く、しっかりと二重のクセづけをしたいのであれば、たっぷりと睡眠時間をとるように心掛けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、理想の二重になるための基本的なナイトアイボーテの塗り方や塗り方のポイントをご紹介してきました。ここでわかったのは…。

  • ナイトアイボーテを使う前には、まぶたを清潔にすること。
  • 自分のまぶたの状態や目の形に合わせて、無理な幅で二重のラインを決めないこと。
  • 決めた二重のラインの上か下に接着液を塗る塗り方をすること。
  • 接着液が乾いた後にスティックを抜く時は、焦らずゆっくり抜くこと。

これらのポイントを抑えながらナイトアイボーテを正しい塗り方で使って聞けば、必ず自分の理想の二重になれ日は近いです!!

 

>>ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

 

 

 

ナイトアイボーテ口コミTOP

 

 

こちらの記事も人気です。