ナイトアイボーテの使い方は簡単!たったこれだけで二重!

 

 

パッチリ二重になりたくてナイトアイボーテを買ってみたけど…

  • 「こんなに小さくて本当に1ヶ月もつの?」
  • 「塗るのを失敗しちゃったらどうしよ〜」
  • 「何回か使ってみたけどうまくまぶたがくっつかないよぉ」

 

と、ナイトアイボーテ使い方に不安に思ってる人は意外に多いんです。

 

ナイトアイボーテは、夜塗って寝る使い方の基本編の他に、さらにまぶたに二重ラインをしっかりとクセづける使い方として、基本編にちょっとしたコツをプラスした応用編があるんですよ!

 

ここからは、誰でもまぶたに二重のラインがつけられるナイトアイボーテの使い方をご紹介します。

 

 

 

使い方基本編

 

まずは、ナイトアイボーテの基本的な使い方をみてみましょう。この基本編は、毎日ナイトアイボーテを使い続けるためにとても大切になるので、しっかり覚えておきましょう!

 

>>一生、偽二重でいいの? ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

二重にしたい幅を決める

二重ラインをクセづけたい部分にスティックを使って、二重にしたい幅を決めましょう。

 

 

二重にしたい幅を決めること、これが実はとても大切です!

 

 

どうしてかというと…
一重の人がいきなりモデルさんのような大きなパッチリ二重にしようと、二重の幅を広く決めてしまっては、ナイトアイボーテを正しい使い方で使ったとしても、まぶたがうまくくっつかなくて、「ナイトアイボーテを塗ってすぐに二重が外れてしまう!」ということになってしまうから・・・。

 

 

だから、厚みのある一重ならまずは薄い一重、薄い一重ならば奥二重を目指すように、少しずつ二重の幅を広げていくようにステップアップすることが、理想の二重になるための近道なんです。

 

 

ナイトアイボーテをまぶたに塗る

二重のラインの位置を決めたら、いよいよナイトアイボーテの出番ですね。

 

 

ナイトアイボーテはスーッと伸びやすいので、まぶたに薄く塗る使い方をします。
ただ、あまりにも塗る量が少なかったり多すぎると、まぶたがくっつかなかったり、変なくっつき方をしてしまうので、少しずつ自分のまぶたに合った使い方を見つけていきましょう。

 

 

ナイトアイボーテが上手にくっつかない!とういう原因のひとつに、ナイトアイボーテをまぶたに塗る時に、決めた二重のラインの部分に塗ってしまっている方がいらっしゃいます。この使い方では上手にまぶたがくっつけられないんです!

 

 

ナイトアイボーテを塗った後、スティックでギューっとまぶたを押し込んだまま乾くまで待ちますが、二重ライン部分にナイトアイボーテを塗ってしまっては、スティックを外す時に一緒に接着液も取れちゃう可能性があるんです!

ナイトアイボーテをまぶたに塗る時には、決めた二重ラインの“上”に塗る使い方をするようにしましょうね。

 

ナイトアイボーテを優しく落とす

ナイトアイボーテを塗って眠った次の朝、まぶたについているナイトアイボーテを落とします。

 

 

朝って…身支度を整えたり、髪をセットしたり、お化粧したり…ものすごい忙しいですよね!

 

 

できるならナイトアイボーテを落とす時間を短くしたい!!誰もがそう思っているでしょう。「もう時間がなくなるから、ガリガリ爪で無理やり落としちゃえ〜♪」
ちょっと待ってぇぇぇ!!

 

 

いくら時間がないからって、無理やり接着液を剥がすように落としてはダメ!!
そんなことをしていたら、まぶたが腫れたり伸びたりしちゃうよ!ナイトアイボーテは接着力が強いから、まぶたを傷つけないように優しく落としてあげるのがポイント!

 

 

例えば、オイルクレンジングを使ったり、蒸しタオルで目元を温めて接着液をふやかしてから洗い流すようにすると、まぶたに負担がかからないんです。せっかくナイトアイボーテの正しい使い方で二重のクセづけをしているのに、ナイトアイボーテの落とし方が間違っていては、まぶたが傷ついて毎日のクセづけができなくなってしまいますよ!!

 

 

 

 

>>自然なパッチリ二重をGET!ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

使い方応用編

 

ナイトアイボーテの基本的な使い方はわかりましたか?ここからは、ナイトアイボーテの使い方の応用編として、

  • 「寝ている間に二重が外れてしまうことがある」
  • 「ちょっとでも早く二重をクセづけたい!」

という人に試していただきたいナイトアイボーテの使い方をご紹介しますね♪応用編と聞くととても難しそうに聞こえるけれど、実際にはとても簡単なので、ぜひ試してみてください!

 

 

寝ている間に二重ラインをキープするための使い方のコツ

寝ている間はまばたきをしないから、まぶたに二重ラインをしっかりとクセづけるためには最高の時間!

 

 

でも、寝ている間は寝返りもするし、人によって寝る時の体勢は違うものです。仰向けで寝る人、横向きで寝る人、うつ伏せで寝る人。特に横向きで寝る人やうつ伏せで寝る人は、枕やシーツでまぶたを擦ってしまう確率がアップします!

 

 

えーー!じゃあどうすればいいの?」

 

 

そうですねぇ…。慣れるまでは寝付くまで時間がかかるでしょうが、なるべく仰向けで寝るように頑張ってみましょう。さらに、アイマスク(アイピロー)を使ってみるのも良いでしょう。アイマスクをすれば、枕やシーツでまぶたをこすってしまうことは防げるので試してみる価値はありますよ♪

 

 

「寝る時の工夫だけではうまくいくか、やっぱり心配!」という人は、

一度ナイトアイボーテで二重のラインを作った上から、ナイトアイボーテを重ねて塗る使い方で二重のラインをコーティングすると、寝ている間に二重のクセが取れてしまう心配は少なくなりますよ!

一度試してみてくださいね!

 

 

より長い時間二重ラインでいるための使い方のコツ

ナイトアイボーテは、睡眠時間が長ければ長いほど二重のクセが早くつくようになるのですが、みんながみんなしっかりと睡眠を取れるとは限らないです。

 

 

「仕事から帰ってくるのが遅いから寝る時間も遅いし、どうしよう?」

 

「寝たいけど、夜遅くまで勉強をしないといけないし…」

 

といった悩みを持っている人はとても多いでしょう。そんな人は、昼間もナイトアイボーテを使ってみましょう。

 

 

使い方は夜寝る前と同じ使い方ですが、昼間はメイクをするという人は、メイクをする前にナイトボーテを塗る使い方をしましょう。

  1. 夜に塗ったナイトアイボーテを落とします。
  2. 化粧水などをつける場合は、まぶたを避けるか化粧水がしっかりと浸透するまで待ちます。(接着力が弱くならないようにするため)
  3. 夜と同じ使い方で決めた二重のラインにナイトアイボーテを塗ります。
  4. 普段通りのメイクをします。

ナイトアイボーテを使い始めて1ヶ月くらいまでは、どうしてもクセがつかないので、昼間は一重で過ごすのが嫌で、昼間は他のアイプチを使っているという人は、まぶたが肌荒れを起こす前にナイトアイボーテに切り替えましょう。

 

 

昼間もナイトアイボーテで二重を作る使い方をすることで、睡眠時間が少なくても長い時間二重のクセづけをしている状態なので、「昼間も使った方が早く二重になった♪」という人も多いようです♪

 

 

さらに、昼間ならアイシャドウでクセづけをしている部分を隠せるのも嬉しいポイント!メイクで隠せるから、二重を作っていることをバレていないかを気にしないで笑顔で過ごせて、二重もクセづけされていいこと尽くしですね♪

 

 

まぶたがくっつかない!どうして?

 

「ナイトアイボーテの使い方を守っているし二重の幅も広くしていないのに、まぶたが全然くっつかない〜、なんでぇ?」という人は、まぶたがむくんでいる可能性があります。

 

 

もともとまぶたの厚さは一人ひとり違うから、全ての人が同じようにスムーズに二重のクセづけができるわけではありません。例えば、同じ一重の人でも、まぶたが薄い人もいれば、まぶたが腫れたように厚い人もいるんですよ。鏡の前に立って、まぶたが厚くて腫れたように見えるのであれば、それは塩分や水分の摂りすぎが原因で起きているむくみです。

 

味が濃い食事が好きな人や、毎日お酒をたくさん飲んでいる人は要注意!!

 

でも「このままじゃずっと二重になれないじゃん!」と落ち込まないで!!ナイトアイボーテを使う前に、ひと工夫するだけで少しずつむくみが取れていくので、正しいナイトアイボーテの使い方をしていれば、しっかり二重がクセづけられるようになりますよ♪

 

 

二重のクセをつけやすくするためのひと工夫!

 

 

まず、二重のクセをつけやすいまぶたってどんなまぶたなのでしょう?

 

それは、「薄くて柔らかいまぶた」なんです。

 

むくんだ状態のまぶたは、厚みがあって固くなってしまっているので、どんなにナイトアイボーテの正しい使い方をしていても、重力に負けてしまってうまくまぶたがくっつかないんです。パッチリ大きな二重にしたい!!と思っているのであれば、普段の食事で塩分やお酒を控えめにすると、まぶたがむくみにくくなりますよ♪

 

 

食事の改善をしてもなかなかまぶたのむくみが取れない!という人は、ナイトアイボーテを使う前に、まぶたのマッサージを取り入れてみてはどうでしょう?

マッサージの仕方

夜、マッサージをしてから正しいナイトアイボーテの使い方で、まぶたに二重ラインをつけましょう。
@クリームなどを指につけて、目頭から目尻までクルクルクル〜っと優しくなでます。
A目頭部分を軽く押します。
B@とAを5回〜10回繰り返しましょう。(無理のない範囲で)

むくみ取り

毎朝、ナイトアイボーテを落とす時に、タオルの使い方を工夫して一緒にむくみ取りも取り入れちゃいましょう。
@朝起きたら、目をパチパチと開いたり閉じたりして、目の回りの筋肉を動かします。
Aお湯やレンジで温めた蒸しタオルと、氷や保冷剤を巻いた冷やしタオルを交互にまぶたに当てて、まぶたの血行をよくします。(それぞれ5秒〜10秒くらいずつ当てる)

 

むくみ取りのマッサージも、蒸しタオルと冷やしタオルを交互に当てる方法も、目の回りの筋肉を柔らかくしたり、まぶたの血行を良くすることができますよ。

 

 

普段、まぶたがむくんでいない人でも、少し水分を摂り過ぎたり寝不足だったという時に、まぶたはむくんでしまうので、いつもと同じナイトアイボーテの使い方をしていても、「うまくまぶたがくっついてくれない!」ということがあるんです。

そんな時は、塩分や水分の摂り過ぎに注意したり、むくみ取りのマッサージを試してみてくださいね♪

二重のクセをつけるために続けた毎日の努力は、少し時間がかかったとしても必ず結果に出てきます。諦めずに、むくみ取りと正しいナイトアイボーテの使い方を続けてみてくださいね♪

 

 

どのくらいの期間で二重ができるの?

 

「まぶたがくっつかない!」というところでもお伝えしましたが、ナイトアイボーテを使い始めた時のまぶたの状態は、人によって違うので必ずこの期間で二重になれますよ!!とは断言できないんです。

 

 

「じゃあ、どれだけナイトアイボーテを使えばいいの?本当に二重になるの?」と心配になっちゃいますよねぇ…。

 

例えば、まぶたが薄い一重の人や奥二重という人は、まぶたが薄かったり柔らかいので二重のラインも作りやすいんです。

 

実際に正しいナイトアイボーテの使い方を続けて二重になった!という人の中には、「2週間で二重に慣れた!!」という人もいるようですが、毎日正しいナイトアイボーテの使い方をしていたとしても、「1ヶ月で二重の跡がついてきた!」という人が多いです。

 

基本編の使い方と合わせて昼間もナイトアイボーテを使う使い方をした人は、夜だけナイトアイボーテを使っていた時よりも「早く二重のクセがついてきた」ようです。

 

 

より早く二重のクセをつけるためには、長い時間ナイトアイボーテでクセをつける使い方が大切なことがわかりますね。ただ、ナイトアイボーテは即効性はないので、使い始めて数日〜数週間では二重になりません。むくみ取りのマッサージを取り入れたり、夜と昼間の両方ナイトアイボーテを使う使い方を毎日続けたとしても、ナイトアイボーテを使わなくても二重のクセがまぶたにしっかりついている状態がキープできるようになるまでには、時間はかかると考えておきましょう。

 

 

まとめ

  

ここまでナイトアイボーテの正しい使い方や、さらに二重に近づくためのナイトアイボーテの使い方のコツをお伝えしてきました。
ナイトアイボーテは、まぶたにテープを貼って二重をキープするアイプチなどと違って、使い始めてもすぐに二重をキープすることはできません。

 

でも、毎日正しい使い方を続けることはもちろん、日頃の食事を気をつけたり、二重のクセが付きやすくなるようにまぶたをケアするといった努力を続けることで、ナイトアイボーテを使わなくてもきれいな二重になることができる魔法の美容液なんです♪なりたい二重になるまでに時間がかかるかもしれません。それでも、毎日二重になるためにやってきた努力は、必ず結果としてまぶたに表れるので、諦めずに正しいナイトアイボーテの使い方を続けていってくださいね♪

 

>>人気モデルも愛用!ナイトアイボーテ公式サイト

 

 

 

 

 

ナイトアイボーテの口コミ!今すぐチェック!

 

 

 

こちらの記事も人気です。